CSR

2020.02.03

「第3回アート&デザイン 新世代賞」授賞式開催

 

 「第3回アート&デザイン 新世代賞~時代の言の葉、言葉のデザイン~」(主催:辻仁成氏主宰 Design stories/デザインストーリーズ、協賛:シマダグループ)の授賞式が2月1日(土)「ココノマシーズンダイニング」にて行われ、受賞者4名が参加をされました。審査員である小説家 辻仁成氏、歌人 俵万智氏、そしてシマダグループ代表の島田成年の3名も加わり、終始和やかな雰囲気での授賞式&懇親会となりました。

 新世代賞とは作家の辻仁成氏が2017年度スタートした全く新しいカタチの新人賞です。「若い世代にチャンスの場を、ココから世界に羽ばたいてほしい」という辻氏と島田の共通の想いから始まり、今回が3回目の開催となりました。 

 第三回新世代賞のエントリー総数は287名。第一次審査、第二次審査を通過し絞り込んだ約40作品の中から全5作品を選出いたしました。

 2月中旬からホテル&レジデンス六本木にて全受賞作品の展示会を開催いたします。詳細につきましては、近日公開を致します。

 

第3回アート&デザイン新世代賞受賞者

●最優秀賞(1点)
 水口麟太郎さん(25歳)作品名「とよこ」(彫刻)

●優秀賞(1点)
 該当作なし

●特別賞(2点)  
 緋桃香さん(24歳)作品名「花筏 ー令和のかたちー」(美術芸術)
 眞鍋美祈さん(23歳)作品名「孤独が溶ける」(メディアアート)

また、今回は新たに奨励賞を設け、以下のお二人が受賞されています。
●奨励賞(2点) 
 池田愛さん(24歳)作品名「蟻は歩いてゆく」(ドローイング)
 小河原美波(20歳)作品名「あの日の標本」(コンセプチュアル・アート)

 詳細はDesign stories/デザインストーリーズサイトをご参照くださいませ。

 

主 催:Design Stories(デザインストーリーズ)
審査員:辻仁成(作家、Design Stories主宰、審査員長)、 俵万智(歌人)、島田成年(起業家 シマダグループ代表)
  
一覧へ戻る