人生の大勝負に選んだのは、
異業種の不動産営業。

佐久間 秀樹

シマダハウス株式会社 資産運用事業部
資産運用コンサルタント

大手カーディーラー時代、法人営業としてシマダハウスを担当。その手腕や人間性を評価され、当時の部長からヘッドハンティング。2006年7月に入社する。現在は、賃貸物件の管理・運営など、オーナー様の資産運用全般をサポートする担当者。8名の営業スタッフを束ねるマネージャーとして腕を振るう。

大企業の看板を捨てて、
長いお付き合いができる仕事を探した。

転職を考えたのはお客様ともっと長いお付き合いをしたいという想いから。お買い上げいただいてから定期点検くらいしか関わることのできないカーディーラーの仕事に、物足りなさを感じるようになっていました。そうした時に興味が湧いたのが、賃貸管理事業です。空室をなくし、収益を最大化していくために、マーケットの動向を読み、幅広い知識を持ってオーナー様をサポートし続ける。求めていたのはこういう仕事かもしれないと直感的に思いました。しかし、世界的にブランドのある企業からの転職。自らの力がよりシビアに試されることは容易に想像できました。けれど、業界は違っても、知識を効率的に学習する方法や、商品を販売するためのお客様とのやりとりについてはかなり自信があった。他の人の2倍、3倍の時間を仕事に費やす覚悟もあったので入社が待ち遠しかったですね。ちょうどこの時、父が亡くなり、子どもも世話のかからない年齢になったこともあって、ここが自分の人生の勝負どころだと思って燃えていました。

求められたのは
個ではなく、チームのパフォーマンス。

シマダに来てからは、チームとして成果を出すことが求められました。ディーラー時代は、個人で仕事に取り組むことがほとんど。この感覚の違いに困惑し、最初はメンバーへのフォローが不十分になることも少なくありませんでした。このままではいけないと思い、まずは、本心で話し合える関係性を築くことに。自分がどうなりたいのか、本音を理解することに時間をかけました。メンバーのチャレンジが始まると、それぞれが、様々な壁にぶち当たり、思い悩みます。苦戦し続けて前に進まないようだと、本人に合った新しい目標を設定し直すということも選択肢の一つ。しかし、人が最も成長するのは、大きな壁を越えた時。私自身もそうして力をつけてきたという実感があります。だから、本人の可能性や意欲を信じ、最後までその挑戦を見届けるスタンスを貫いています。

職場に家庭を持ち込むことが
推奨されている。

シマダは前職の取引先の一つでした。担当者と何度も会っていると、いつの間にか意気投合していて。「シマダで働かないか」と、誘われました。シマダの社員が多種多様な人ばかりだったので、これは良い刺激を受けて働けると思い、入社を決意しました。シマダでは社内のイベントに家族を招くことが推奨されていて、うちの家族もよく参加させてもらっています。そこでは社長とも、冗談を言い合ったり、真面目な話をしたりしているんですよ。それを子どもが見ていたんでしょうね。目を輝かせながらこう言ってきたんです。「島田社長や会社の人と話しているとすごく楽しそう!」と。イベント以外にも、仕事で感動した話や、仲間の話はしていましたが、会社の中での私や、社長について子供が興味を持ってくれていることがとても嬉しかったです。この仕事に、会社に、もっと誇りが持てるようになりました。仕事と家族、どちらも大切にしていきながら、これからもがんばっていきたいですね。